指の関節 音 原因

かなり身近な出来事ですが、しかし、長年世界中の学者を唸らせた問題が1つ解決したそうです。それが、

「指の関節からなぜ音が鳴るか?」

という問題です。


おそらく、自分も含めて、ほとんどの方が指をポキポキ鳴らす癖があるかと思います。しかし、これまでなぜ指の関節からポキポキと音が鳴るのか、その原因が判明していなかったそうです。

そしてこの度、めでたく海外の学者がその理由を突き止めたそうで、その理由とは、

手の関節液の微小な気泡が崩壊することで、指の関節からポキポキと音が鳴っていたそうです。


これまでの研究でも、「関節液の気泡が崩壊、もしくは破裂しているのではないか」という序論はでていたそうなのですが、実験後にもその気泡は関節液内に複数存在していたため、その理論は違うのではないか、ということになっていたそうです。

しかし、今回の実験では、音が鳴るには1つの気泡の崩壊で十分であるということを、数学的に証明できたため、その結論に達したそうです。


この疑問に世界中の科学者は約100年も悩んでいたそうなので、とてもめでたいことではあるのでしょうけど、でも実際にこの事実を知ってもあまり感動しないのは自分だけでしょうか?

なんか、ふ~~ん。って感じです(。-_-。)


ちなみに、この「指の関節を鳴らす」という行為は、関節炎の原因にはならないそうです。

どちらかというとこっちの方が知ってよかった事実な気がしますね。